蛍光灯の特徴|水草水槽や熱帯魚飼育にぴったりの照明【アクアリウム】

アクアリウム用、蛍光灯の特徴

こんにちは、いのりです。

この記事では、アクアリウムで使われる照明のひとつである「蛍光灯」について、特徴や良さをご紹介していきます。

蛍光灯は、長いあいだ使われてきた照明です。

最近ではLED照明がどんどんと使われるようになってきましたが、蛍光灯もいまだに根強い人気をもつアイテムも。

今回は、そんな蛍光灯についてみていきましょう。

蛍光灯の特徴

スパイラル蛍光管

アクアリウムで使われている蛍光灯の特徴は

  • 価格がお手頃
  • 情報が多く手に入る
  • 電球の交換で明るさや色を変えられる
  • 多くの水草育成に対応できる

この4つです。

順に詳しくみていきましょう。

本体の価格がお手頃

蛍光灯は、ほかの照明と比べると、価格が安めのものが多いです。

メタハラや、高性能なLED照明は高価なものがほとんどですが、蛍光灯は価格が安めながら、十分な明るさを得やすいですね。

そのため、照明のコストをおさえたい場合、蛍光灯は選択肢のひとつに挙がります。

MEMO
ただ、一部インバータータイプの蛍光灯は、非常に高価です。その分、明るさや耐久性などが優れているのですが。

情報が多く手に入る

アクアリウム用照明として、蛍光灯は長いあいだ主流のライトでした。

長く愛され、使われていたこともあり、蛍光灯での飼育の情報はとても多いです。

例えば水草の飼育についての情報。

水草の飼育方法について書かれている本などは、蛍光灯の明るさを基準に書かれているものをよく見かけます。

すこし前の専門書なんかはほとんど蛍光灯での記述ですね。

情報が多く、簡単に手に入るので、初心者さんにとってはありがたいですよね。

電球の交換で明るさや色を変えられる

蛍光灯は、電球を交換することで、明るさや色を変えることができます。

青い電球で海水魚の水槽に、白い電球で淡水の水槽に、と電球だけ入れ替えて本体を使いまわすことができます。

本体さえあれば、いろいろな状況に対応できるのはうれしいですね。

多くの水草育成に対応できる

蛍光灯は、水草の飼育でも長く愛されてきました。

多くの水草を育ててきた実績もあります。

水草を育てることができる、と言われている蛍光灯を使用していれば、高難易度のものをのぞいて多くの種類に対応できると思います。

もちろん、水草にあわせて蛍光灯の本数を調整したりする必要はありますが。

上の項目でもご紹介しましたが、蛍光灯を使用した水草育成の情報は、本やインターネットで多く出ていますので、そういった点でも対応がしやすいのもポイントですね。

主流は蛍光灯からLED照明に移り気味

照明

いままで、アクアリウムの照明といえば蛍光灯が主流でした。

というのも、以前のLED照明は価格がすこし高かったり、水草の飼育に向いていない商品がほとんどだったからです。

ですが、ここ最近では各メーカーの技術が向上したことなどもあり、LED照明のクオリティがぐっと上昇。

手が出やすい価格帯で、水草を育てることができるLED照明が出てきました。

新商品が出てきたLEDに対して、蛍光灯は商品の数が減少しつつあります。

水草水槽などで蛍光灯はまだまだ根強い人気がありますが、おそらく、今後はLED照明がアクアリウム用ライトの主流となっていくのではないでしょうか。

今から蛍光灯を導入する方は、そういった背景があることも、すこしだけで結構ですので意識してみてください。

関連記事 【アクアリウム】LED照明の特徴|水草は育てられる?おすすめのライトは?

LED照明の特徴【アクアリウム】LED照明の特徴|水草は育てられる?おすすめのライトは?

蛍光灯に向いている用途

照明に照らされる水草

蛍光灯はいろいろな状況で活躍してくれますが、特に向いている用途は水草水槽です。

上の項目でもご紹介しましたが、蛍光灯は多くの水草を育てることができます。

また、本やインターネットで過去の情報を得やすいことや、人気の蛍光灯が比較的、低価格であることなどからも、水草水槽で使いやすい照明です。

迷ったときの定番ライト「ヴォルテス」

アクアリウム用の蛍光灯はいくつか種類がありますが、なかでも水草水槽で定番の人気アイテムが、カミハタから販売されている「ヴォルテス」です。

圧倒的な実績から、多くのアクアリストから支持されています。

このヴォルテスの良い点は

  • お手頃価格
  • シンプルデザイン
  • 高光量

この3つ。

また、水槽の上に乗せるタイプではないので、水槽上部のスペースが広くとれ、水槽内のメンテナンスがしやすいというのも、トリミングなどで手を入れる回数の多い水草水槽向きと言えます。

とても人気のアイテムですので、蛍光灯で水草水槽に挑戦したいな、というときはぜひ検討してみてくださいね。

蛍光灯でアクアリウムを楽しもう

青い照明の水槽

この記事では、アクアリウム用の蛍光灯について、その特徴や向いている用途などをご紹介してきました。

蛍光灯は、長く愛されてきた照明です。

近年ではLED照明の性能がぐっと伸びてきて、蛍光灯が使われる場面も減ってきています。

しかしながら、水草水槽で定番となっている「ヴォルテス」など、根強い人気の蛍光灯も。

また、蛍光灯は長く使われていたということもあり、本やインターネットで情報がたくさん手に入ります。困ったときにすぐ調べられるというメリットもありますね。

LEDにおされ気味ですが、蛍光灯にはLEDにはない良さも備えています。

ぜひ、一度使ってみてくださいね。

関連記事 水槽用照明の特徴と違い|蛍光灯、LED、メタハラってどれがいいの?

水槽 照明水槽用照明の特徴と違い|蛍光灯、LED、メタハラってどれがいいの?