アロマオイルの捨て方|燃えるゴミで処分する簡単な方法をご紹介

アロマオイルの捨て方

こんにちは、いのりです。

アロマオイルを捨てるときってどうすれば良いのか悩みますよね。

実はアロマオイルやエッセンシャルオイルは、適切に処分すれば、燃えるゴミで捨てることができます。

というわけで、今回は、アロマオイルの捨て方についてご紹介。

意外と簡単なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アロマオイルの捨て方

エッセンシャルオイル

アロマオイルの捨て方は、とても簡単。

今回ご紹介する方法は、ほかのオイルを捨てるときのやり方と同じような方法です。

用意するもの

アロマオイルを捨てるときに用意するものは

  • 牛乳パック
  • 新聞紙
  • テープ

です。

新聞紙はチラシやキッチンペーパー、ティッシュなどでも代用することができますよ。

また、きついニオイが苦手な方は、マスクなどを用意するのもおすすめです。

手順

では、アロマオイルを廃棄する手順をみていきましょう。

STEP.1
まずはアロマオイルの瓶についている内フタを外します。マイナスドライバーや要らなくなったカード(硬めのもの)を差し込むようにして使うと外しやすいですよ。
STEP.2
牛乳パックの口を開き、中に新聞紙をくしゃくしゃと丸めて入れます。
STEP.3
入れた新聞紙にアロマオイルを染み込ませます。外にこぼさないように気を付けてくださいね。
STEP.4
水を新聞紙に染み込ませます。量は染み込ませたアロマオイルと同じくらいで大丈夫です。
STEP.5
牛乳パックの口を閉じ、テープでとめます。中身がこぼれないようにしっかりと。

こうすることで、燃えるゴミとして出すことが可能になります。

とても簡単ですよね。

ただ、作業にはいくつか注意したい点も。

次の項目で、そのポイントをご紹介しますね。

注意点

この捨て方で注意したいポイントは

  • アロマオイルは引火性
  • 作業は屋外で
  • 肌が敏感な方は手袋を

です。

アロマオイルは引火性

アロマオイルは引火性の液体です。

そのため、火の気がある場所で作業をするのは大変危険。

かならず、火気のないところで処理するようにしたいですね。

また、ゴミ箱の中にある間も同じで、火気厳禁です。

作業は屋外で

アロマオイルを捨てる作業中は、結構ニオイがします。

部屋の中など、風通しの悪い空間ではニオイが充満して大変です。

そのため、ベランダなど屋外で作業を行うのがおすすめ。

屋外でも風に乗ってご近所さんに影響があることもありますので、できる限り影響が無いように注意したいですね。

肌が敏感な方は手袋を

アロマオイルやエッセンシャルオイルが素肌についてしまうのは、なるべく避けたいもの。

特にお肌が敏感な方は使い捨ての手袋などを使って作業をするのがおすすめです。

空き瓶は無水エタノールで軽く洗って廃棄

アロマオイルの中身を捨てた後の空き容器は、各自治体のごみの出し方で捨ててあげてください。

捨てる際、瓶の中にニオイが残っているのが気になることもあるかと思います。

そんなときは、無水エタノールで軽くすすいであげると良いですね。

完全にニオイを消すことはできませんが、効果がありますよ。

ちなみに同様に、フタや内フタも各自治体で決められた捨て方で廃棄してくださいね。

アロマオイルを水道に流すのは避ける

キッチンの水道

アロマオイルを水道に流してしまうのは避けた方が良いです。

オイルを流してしまうことは、環境への影響もありますし、ニオイが排水口に残ってしまう可能性も。

排水口にニオイが残ってしまうと、部屋にニオイが充満してしまうことも。

そのため、アロマオイルを水道などに流してしまうのはやめておいた方が良いですね。

アロマオイルを処分する方法のまとめ

アロマオイルの瓶

この記事では、アロマオイルを処分するときの捨て方についてご紹介しました。

今回ご紹介した、アロマオイルやエッセンシャルオイルを捨てるときの方法は、牛乳パックで包んで捨てるというもの。

牛乳パックのなかに、新聞紙などを丸めていれ、そこにアロマオイルと水を染み込ませて捨てます。

とても簡単で、手軽にできますよね。

ただ、

  • アロマオイルは引火性
  • 作業は屋外で
  • 肌が敏感な方は手袋を

という3つの点には注意してくださいね。

特に、アロマオイルは引火性の液体ですから、火気には十分に気を付けたいところです。

ぜひこのページを参考に、アロマオイルを上手に楽しんでみてくださいね。