「マイクロディスクヒーター 10W」は小型水槽におすすめの超薄型ヒーター

小型水槽にはマイクロディスクヒーター

こんにちは、いのりです。

小さな水槽や、ボトルアクアリウムって中のスペースが限られていて、使う機材選びに悩みますよね。

特にヒーターは、悩むポイントのひとつかなと思います。

そこで今回は、非常にコンパクトで小型水槽にピッタリの水槽用ヒーター「マイクロディスクヒーター 10W」をご紹介します。

薄型の本体が特徴的な、小型ヒーターですよ。

マイクロディスクヒーター 10Wの仕様

マイクロディスクヒーター 10W」はニッソーというメーカーから販売されている水槽用ヒーターです。

マイクロディスクヒーターには2つの種類があります。

  • マイクロディスクヒーター 10W
  • マイクロディスクヒーター 20W

今回ご紹介している「マイクロディスクヒーター 10W」は、小さい方の商品になります。

それでは、まず初めにマイクロディスクヒーターの仕様について確認していきましょう。

製品名マイクロディスクヒーター 10W
対応水量4リットル以下
設定温度26℃±2℃
本体サイズW4.2×D8.0×H2.0 (cm)
消費電力10W
電源コード130㎝

対応水量

「マイクロディスクヒーター 10W」が対応している水の量は、4リットル以下となっています。

4リットルを超える水量のものには、ひとつ上のサイズである20Wの方にしてくださいね。

設定温度

設定温度は26℃(±2℃)です。

温度の設定は変えることができません。設定が固定された、いわゆるオートヒーターと呼ばれるタイプ。

たまに勘違いされる方もいらっしゃるのですが、水温を下げる機能はありません。

そのため、26℃を超えている水温を、26℃まで下げることはヒーターではできない、という点には気をつけてくださいね。

本体サイズ

マイクロディスクヒーターの本体サイズは幅4.2×長さ8.0×高さ2.0(㎝)。

高さの2.0㎝は水温を感知する部分の厚みです。水をあたためるヒーター部はもう少し薄くなっていますよ。

同クラスのヒーターと比べて、コンパクトな仕上がりと言えます。

特に、本体が薄いのが特徴的ですね。

消費電力

消費電力は、10Wです。

水槽用ヒーターのなかでは最小クラスになります。

電源コード

マイクロディスクヒーターの電源コードの長さは130㎝。

オートヒータータイプの商品の中では電源のコードが長めです。

コードが長いと、設置のときの取り回しが楽になりますので、うれしいポイントですね。

「マイクロディスクヒーター 10W」のおすすめポイントと注意点

小さな水槽とベタ

次は「マイクロディスクヒーター 10W」のおすすめポイントと注意点を見ていきましょう。

おすすめポイント

マイクロディスクヒーター 10Wで、特におすすめしたい点は

  • 本体がコンパクト
  • 設置が簡単
  • 電源コードが長い

この3つです。

順に解説していきますね。

本体がコンパクト

マイクロディスクヒーターは本体が小さいです。

小型の水槽では、中のスペースがあまり無く、大きい器具などを入れることは難しいことも。

そのため、本体がコンパクトな点は、大きなメリットになります。

その点、マイクロディスクヒーターは厚みもあまりありません。貴重なスペースを有効活用しやすくなりますよね。

設置が簡単

マイクロディスクヒーターは、本体を水槽の壁面にキスゴムで取り付けるだけで使用することができます。

温度の設定などをする必要もないので、設置がとても簡単です。

初心者さんでも簡単に使えますよ。

電源コードが長い

3つめのポイントは、電源コードがすこし長めな点です。

地味ではありますが、これが意外とうれしいポイント。

というのも、電源コードの長さが短いと、ヒーターを設置するときに設置場所が限定されたり、取り回しに問題が起きることがあります。

そして温度固定型のヒーターは、いろいろな商品が販売されていますが、そのほとんどの電源コードは80から90㎝ほどの長さです。ちょっと短いんですよね。

その点、マイクロディスクヒーターは電源コードが130㎝と長め。

設置のときの取り回しが楽なのはありがたいですね。

注意点

「マイクロディスクヒーター 10W」で気をつけたいポイントは

  • 価格が高め
  • 小型水槽でしか使えない

この2つです。

価格が高め

「マイクロディスクヒーター 10W」は、同クラスのヒーターと比べると少し価格が高めです。

そのため、コストをおさえたい場合などでは注意してくださいね。

逆に、少しコストがかかってもコンパクトなヒーターが欲しい、という場合にはとてもおすすめです。

小型水槽でしか使えない

マイクロディスクヒーター10Wは対応水量が4リットル以下のため、小さな水槽でしか使えません。

また、ヒーターは、対応水量を超える水槽に設置するのはトラブルのもとになります。

設定温度まで上げられず、ずっと動きっぱなしになったり、生体が低温でダメージを受けたりしてしまうからです。

そのため、マイクロディスクヒーターは小型の水槽でしか使うことはできません。

水槽を大きくする予定があったりする場合は、途中で買い替える必要がありますので、注意してくださいね。

「マイクロディスクヒーター 10W」は小型水槽にぴったりの薄型ヒーター

この記事では、小さな水槽やボトルアクアリウムで使いやすい「マイクロディスクヒーター 10W」についてご紹介してきました。

マイクロディスクヒーターの最大の特徴は、薄い本体。

小型水槽で使うのにぴったりの本体サイズです。

同じような小型ヒーターの中では、すこしお値段が高めではありますが、とにかく小さなヒーターが欲しいよ、という方にはとてもおすすめですね。

ぜひ、使ってみてくださいね。

以上、いのりでした。

関連記事 小型水槽向けヒーターの選び方とは?ポイントやおすすめ商品をご紹介!

小型水槽向けヒーターの選び方小型水槽向けヒーターの選び方とは?ポイントやおすすめ商品をご紹介!