エアーポンプのおすすめ5選!静音性が高いものは?【30〜60㎝水槽向け】

おすすめのエアーポンプ

こんにちは、いのりです。

アクアリウムで使われるエアーポンプって種類が多くて、購入するときに「どれが良いのかな?」と迷ってしまいませんか?

そこで、この記事では「30㎝〜60㎝水槽」向けエアーポンプのおすすめアイテムを5つご紹介します。

エアーポンプを選ぶときに気をつけたいポイントは

  • 吐出量
  • 静音性
  • 価格

この3つです。

特に、生活空間に水槽を置いている方はエアーポンプの静音性には注意したいですね。

今回ご紹介するものは、静音性の高いものや、コストパフォーマンスを重視して選びました。ぜひ、参考にしてみてください。

エアーポンプのおすすめ5選

水中の空気

30㎝〜60㎝水槽向けエアーポンプで、今回おすすめするアイテムは

  • 水作 「水心 SSPP-3S」
  • 水作 「水心 SSPP-7S」
  • ニッソー 「MUTE(ミュート)D」
  • ニッソー 「MUTE(ミュート)S」
  • GEX 「e~AIR(イーエアー) 1500SB」

この5つです。

それでは、順にみていきましょう。

水作 水心 SSPP-3S

まずひとつめは、水作というメーカーから販売されている「水心 SSPP-3S」というエアーポンプです。

この水心シリーズは、静音性が高いエアーポンプとしてとても人気があります。特にこの水心 SSPP-3Sは評価が高く、1番人気のアイテムです。

その理由は

  • エアーの吐出量が調節できる
  • 水心シリーズの中でも静音性が高い

この2つ。

吐出量を調整できるダイヤルがあり、好みの強さで使えるのでとても使いやすいエアーポンプですね。

非常にバランスが良く、おすすめのエアーポンプです。

水作 水心 SSPP-7S

先ほどご紹介した水心 SSPP-3Sと同じシリーズの「水心 SSPP-7S」です。

こちらは水心シリーズの中でも小さいタイプのものです。

30㎝水槽での使用や、エアーポンプ自体のサイズが小さいものを希望する場合は、このエアーポンプもおすすめです。

ただし、SSPP-7Sは

  • エアーの吐出量が調節できない
  • 60㎝水槽には少しパワー不足

といった欠点も。

SSPP-3SかSSPP-7Sのふたつは、水槽の大きさやエアー調整の有無で、ご自身の使い方に合った方を選んでみてください。

ニッソー MUTE(ミュート)D

こちらはニッソーから販売されている「MUTE(ミュート)D」です。

この商品の特徴は、静音性が非常に高いことです。

他のエアーポンプと違う方式で空気を押し出していて、高い静音性を実現しています。

ただ、音が静かな代わりに

  • 吐出量はかなり控えめ
  • 価格が高め

といった点は注意が必要ですね。

あまりエアーの吐出量が必要ではない方や、静音性を重視する方にはおすすめのエアーポンプです。

ニッソー MUTE(ミュート)S

こちらは「MUTE(ミュート)S」です。先ほどご紹介したMUTE(ミュート)Dと同じシリーズですね。

この商品は30㎝水槽くらいの大きさにちょうど良いサイズ感のエアーポンプです。MUTEシリーズの最大の特徴である静音性の高さも備えています。

ただし、MUTE(ミュート)Sも先ほどのDと同じく

  • 吐出量はかなり控えめ
  • 価格は高め

といった点には注意が必要です。

静音性が高いもので、小型の水槽に使おうかなとお考えの方は、候補のひとつに入れてみてくださいね。ただ、エアー量がかなり控えめな点には気を付けてください。

GEX e~AIR(イーエアー) 1500SB

5つ目にご紹介するエアーポンプはGEXから販売されている「e~AIR(イーエアー) 1500SB」です。

e~AIR(イーエアー)1500SBは

  • 価格が手ごろ
  • ホームセンターなどでも取り扱いが多い

といった入手性の高さが特徴です。

今回ご紹介したエアーポンプの中ではもっとも価格が安い商品になります。

そのため、とにかくコストを少なくしたい方におすすめです。

エアーポンプのおすすめアイテムまとめ

エアーポンプの泡

この記事では、「30㎝〜60㎝水槽」向けエアーポンプのおすすめアイテムを5つご紹介してきました。

今回おすすめしたエアーポンプは

  • 水作 「水心 SSPP-3S」
  • 水作 「水心 SSPP-7S」
  • ニッソー 「MUTE(ミュート)D」
  • ニッソー 「MUTE(ミュート)S」
  • GEX 「e~AIR(イーエアー) 1500SB」

この5つです。

中でも「水心 SSPP-3S」は静音性が高く、吐出量も調整できてパワーも十分とバランスが良いエアーポンプですので非常におすすめです。

また、とにかく静音性にこだわる方はMUTE(ミュート)シリーズもおすすめですね。吐出量が控えめな点には注意が必要ですが。

この記事が、あなたの希望している条件にあったエアーポンプに出会う一助になれば幸いです。

以上、いのりでした。

関連記事 エアーポンプの使い方と注意すべきポイントとは?逆流防止弁は必要?