「e-AIR(イーエアー)1500SB」はコストパフォーマンス抜群のエアーポンプ

e-AIR(イーエアー)1500SBの特徴とは?

こんにちは、いのりです。

エアレーションやろ過フィルターの動力などで使われるアイテムと言えばエアーポンプですよね。

エアーポンプは多くのメーカーが商品を販売しているので、意外と選ぶのが難しい面も。

エアーポンプを選ぶときには

  • 静音性
  • エアー量
  • 価格

などなど、いくつか選ぶポイントがあります。

その中で、今回はコストパフォーマンス抜群のエアーポンプ「e-AIRイーエアー 1500SB」をご紹介します。

低価格ながら、性能も悪くなく、とにかくエアーポンプが欲しいという方におすすめですよ。

e-AIR 1500SBの仕様

e-AIR 1500SB」はGEXジェックスというメーカーから販売されているエアーポンプです。

GEXのe-AIRシリーズは、いくつも種類があって

  • e-AIR 1000SB
  • e-AIR 1500SB
  • e-AIR 2000SB

などがあります。

数字が増えるほどエアーの吐出量が増えていくカタチですね。

また、エアーが出る穴が2つある「e-AIR 4000WB」なども。

今回はそんなe-AIRシリーズの中でも60㎝水槽にちょうど良い大きさの、e-AIR 1500SBをご紹介していきますね。

それでは、e-AIR 1500SBのスペックを確認していきましょう。

製品名e-AIR(イーエアー) 1500SB
適用水槽サイズ幅60㎝以下の水槽
吐出量1000cc/分
本体サイズW5.9×D4.5×H10.3 (cm)
本体重量245g
消費電力50Hz 2.0W / 60Hz1.9W

適用水槽サイズ

e-AIR 1500SBの対応サイズは、幅60㎝以下の水槽です。

また、水深は40㎝までとなっています。

おおよそ45㎝から60㎝水槽での使用に適していますね。

吐出量

吐出量は1,000cc/分。

45㎝~60㎝水槽用のエアーポンプの中では、特別に多いわけではありませんが、少なすぎというわけでもありませんね。

ほどほど、というイメージですね。

本体サイズと重量

e-AIR 1500SBの本体サイズは幅5.9×奥行4.5×高さ10.3(㎝)。

重さは245g。

同クラスのエアーポンプと比べて、標準的なサイズといえます。

コンパクトタイプのMUTEシリーズなどと比べると、少し大きいかなと感じてしまうかもしれませんね。

消費電力

消費電力は、50㎐で2.0Wとなっています。

エアーの吐出量から考えると、妥当な範囲ですね。

e-AIR 1500SBのおすすめポイントと注意点

泳ぐ熱帯魚たち

仕様が確認できたところで、次は「e-AIR 1500SB」のおすすめポイントと注意点を見ていきましょう。

おすすめポイント

e-AIR 1500SBの良いところは

  • 価格が安い
  • 性能も悪くない
  • 入手性が良い

の3つ。

価格が安い

価格が安いということは「e-AIR 1500SB」の大きな特徴です。

同クラスの代表的なエアーポンプで比較すると、半額ほどで販売されているお店もあるほど。

コストを低くおさえたい方には、嬉しいアイテムですよね。

性能も悪くない

e-AIR 1500SBは低価格ながら、性能も悪くありません。

静音性やエアーの吐出量など、必要なスペックは十分満たしています。

コストパフォーマンスで見ると、非常に優れていて、とてもおすすめのエアーポンプですよ。

入手性が良い

e-AIR 1500SBは流通量が多く、手に入れやすいというのもうれしいポイントです。

ホームセンターなどでも多く取り扱いがあり、アクアリウム専門店に行かなくても手に入れることができますよ。

ただ、価格を考えると、実際の店舗で購入するよりも通販サイトの方が安い傾向があります。

そのため、通販サイトで最安値を探すのも手かなと思います。

注意点

「e-AIR 1500SB」を使ううえで注意したいポイントは

  • 特出した性能はない
  • エアー量の調節ができない

この2つです。

特出した性能はない

「e-AIR 1500SB」は、静音性やエアー量などの性能面ですごく良い、というわけではありません。

あくまで、価格を考慮したうえで性能は悪くない、というところがポイントですね。

そのため「少しコストがかかっても静かなエアーポンプが良い」といったケースなどでは注意が必要になってきてしまいます。

エアー量の調節ができない

「e-AIR 1500SB」はエアー量の調節はできません。

そのため、エアー量が強すぎて弱めたいなという場面では、ひとつサイズの小さいポンプを別に用意する必要があります。

あまり無い場面ですが、サイズの違う水槽などでも使う可能性のある方は、エアー量が調節できるタイプのものを選択するのも手ですね。

エアー量が調節できるエアーポンプは、静音性にも優れた「水心 SSPP-3S」がおすすめです。「e-AIR 1500SB」と比べると価格はすこし高くなってしまいますので、その点には注意してくださいね。

関連記事 「水心SSPP-3S」は静かで使いやすいエアーポンプ【45〜60㎝水槽向け】

水心SSPP-3Sは静かでおすすめ!「水心SSPP-3S」は静かで使いやすいエアーポンプ【45〜60㎝水槽向け】

e-AIR 1500SBはコスパ良好のエアーポンプ|まとめ

水中のエアー

この記事では、コストパフォーマンスに優れたエアーポンプ「e-AIRイーエアー 1500SB」についてご紹介してきました。

e-AIR 1500SBは、とにかく価格がお手頃なのが特徴です。

そして、安価ながらエアーポンプに求められる仕事はきっちりとこなしてくれます。

まさに、コストをおさえて楽しみたい、という方にとてもおすすめのエアーポンプ。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

以上、いのりでした。

関連記事 エアーポンプのおすすめ5選!静音性が高いものは?【30〜60㎝水槽向け】

おすすめのエアーポンプエアーポンプのおすすめ5選!静音性が高いものは?【30〜60㎝水槽向け】