初心者向け水槽サイズのおすすめは?何を選べばいいの?

アイキャッチ水槽

こんにちは、いのりです。

アクアリウムを始めたいけど、水槽の大きさっていっぱいあって、どう選べばいいかわかりにくいですよね。

特に初心者さんにとっては、水槽の大きさ選びは難しいポイントのひとつだと思います。

そこで、この記事ではアクアリウムに初めて挑戦する初心者さんに向けて、おすすめの水槽サイズをご紹介していきます。

初心者向け水槽の大きさ選び

水草水槽

アクアリウムを楽しむためには絶対に必要なアイテムのひとつが水槽です。

水族館にあるような大きな水槽から、小さく見た目もおしゃれな水槽まで種類もたくさんあり、何を選べばいいのか初心者さんには少々わかりにくいと思います。

水槽が小さすぎると入れられる水の量が少ないため、飼育できる生体が限定されたり、維持に特別な技術を求められることになります。

逆に大きすぎる水槽では掃除などの負担が多くなり、必要な器具のコストも跳ね上がります。

どちらもアクアリウム初心者が始めて立ち上げる水槽として選ぶには、少しハードルが高いですよね。

初心者にとって、ちょうどいいサイズの水槽を選ぶことで、全体的なコストが抑えられますし、飼育技術も段階的に学んでいくことができます。

では初心者が最初に立ち上げるのにちょうどいい水槽の大きさってどのようなものなのでしょうか?

私は下記のふたつの大きさの水槽がおすすめです。

  1. 60センチ水槽
  2. 30センチキューブ水槽

それでは、このふたつの水槽について、もう少し詳しく解説していきます。

60センチ水槽は万能タイプ!

ネオンテトラの群泳

アクアリウム初心者さんが最初に立ち上げるなら、1番のおすすめは60センチ水槽と呼ばれる水槽です。一般的に60センチ水槽というと、横幅60センチ、奥行き30センチ、高さ36センチの水槽をさします。

高さが36センチより高いと60センチハイ、奥行きが30センチより長いと60センチワイド、なんて言ったりしますが、今回はハイやワイドはひとまず置いておきましょう。

おすすめポイント①:ちょうど良い水の量

普通の60センチ水槽で約60リットルの水が入ります。これがちょうどいいんです。

水質は水の量が多いほど維持がしやすいのですが、60リットルあれば初心者さんでも無理なく良い飼育環境を維持することができます。

また、60リットルという水量は、作業の負担もあまり大きくありません。

例えば一般的にワンランク上のサイズとして扱われる90センチ水槽の場合、約180リットルもの水が入ります。60センチ水槽の3倍ですね。

いざ水換えをしようと思っても、1/3の水でも60リットルです。これだとバケツを持って、水場と水槽を何度も行ったり来たりしないといけないのでちょっと大変ですよね。

ところが、60センチ水槽だと20リットルで大丈夫。これならバケツでも1、2回で運ぶことができます。

おすすめポイント②:飼える生体の数や種類が多め

先程おすすめポイント①でもあげましたが、水の量が約60リットル入ります。

ざっくりとした目安なのですが、60リットルあれば2〜3センチくらいの小型魚であれば20匹程度は飼育でき、群泳も十分楽しめます。

小型魚であれば、体長1センチにつき1リットル必要と考えていただくと良いかと思います。あくまで目安ではありますが。

また、水槽の横幅が60㎝あるので、ちょっと大きくなるような生体にも対応できるのも嬉しいポイントです。

おすすめポイント③:器具のコスパ最高、選択肢も多い!

60センチ水槽は国内で1番普及しているサイズの水槽です。

いろいろなメーカーが、60センチ水槽向けに商品を開発、販売しているので器具の選択肢がたくさんあります。また、多く普及しているため器具の価格も安い傾向にあります。

ほかの特殊なサイズの水槽や、あまり売れていないサイズの水槽の場合、対応する器具自体が少なかったり、価格が割高なものが多かったりします。

省スペースでやりたいなら30センチキューブ水槽もおすすめ!

レッドビーシュリンプのイメージ

60センチ水槽を置くスペースが難しいよ、という初心者の方には30センチキューブ水槽と呼ばれる水槽がおすすめです。

30センチキューブ水槽とは、横幅、奥行き、高さが全て30センチの水槽の事をいいます。綺麗なキューブ型の水槽で、最近特に人気が出てきている水槽です。

30センチキューブ水槽は60センチ水槽のメリットをある程度引き継ぎつつ、省スペース化したような水槽です。

おすすめポイント①:省スペースなのに水量を確保!

30センチキューブ水槽は約27リットル水が入ります。60センチ水槽と比べると、水の量は少ないですね。

ところが、一般的な横幅30センチの水槽だと、入る水の量は約12リットルです。

一般的な30センチ水槽と比べるとどうでしょうか、キューブ水槽の方は2倍以上の水量を確保できています。小さい水槽の中では、かなり悪くない量の水が入ります。

また、水換えなどの作業の負担がとても小さく、初心者さんや女性の方でもとても扱いやすいサイズです。

1/3の水換えでも9リットル程度。バケツ1杯入れ替えるだけで作業は完了します。これなら続けやすいですよね。

省スペースでアクアリウムを楽しみたい方や、あまり負担が大きいものは避けたいなとお考えの方にはちょうどいいサイズです。

おすすめポイント②:省スペースなのに生体数を確保!

27リットルの水を確保できる30センチキューブ水槽は、省スペースながらしっかり生体を飼育することができます。目安ですが小型魚であれば、9匹前後の飼育が楽しめます。

一般的な規格の30センチ水槽では小型魚4匹程度が限界ですので、倍以上のキャパシティがある30センチキューブ水槽はおすすめです。

また、省スペースかつ水量しっかりという特徴から、

  • 小型で愛嬌のある生体の単独飼育
  • ペアで飼育して繁殖

といったことを楽しんだりすることにも向いています。

ベタやアベニーパファー、アピストグラマの仲間などを飼育したい方にもおすすめですよ。

おすすめポイント③:器具のコスパ良し、選択肢も増えてきた!

30センチキューブ水槽は以前は特殊な方に分類される水槽でした。しかし年々人気が高まり、今は超メジャーな水槽になったと言えます。

メーカーも30センチキューブ水槽向けの商品に非常に力を入れていますので、器具の選択肢はかなり豊富になっています。

器具の価格も以前に比べると落ちてきましたし、今後も普及にともなってどんどんコスパが良くなっていくはずです。

また、30センチキューブ水槽を横に2個並べると横幅約60センチになるため、照明など一部の器具は60センチ水槽用のものを使えたりします。

アクアリウム初心者さんにいきなり水槽2個は難しいですが、将来的に水槽が2個になった時にもコスパが良い選択肢があることもおすすめのポイントです。

おすすめポイント④:30センチキューブ水槽は初心者向けでもおしゃれ!

30センチキューブ水槽を選ぶ最大の利点は、初心者でもおしゃれな水槽が作りやすいことです。

基本的に普及している30センチキューブ水槽はフレームが無いオールガラス水槽と呼ばれる水槽になっています。

どの方向から見てもガラスのみで視界をさまたげるものが無く、形状も真四角なために非常に美しく見えます。

その形状から、目を引くレイアウト素材を1個どーんと置いて、ざっくり水草を植えるだけでもおしゃれな雰囲気に仕上がりますよ。

ただ、それ以上を目指しだすと、本当に奥が深く、センスと技術が求められる難しい水槽ではあるのですが。

アクアリウムを簡単におしゃれな雰囲気のインテリア水槽にしたい方には、30センチキューブ水槽はおすすめです。

【まとめ】初心者向けの水槽サイズ

アクアリウム初心者が最初に選ぶべき水槽サイズとして私がおすすめするのはこの2種類になります。

  • 万能型でコスパも良い60センチ水槽
  • 省スペースでおしゃれな30センチキューブ水槽

どのサイズの水槽にしようか悩んでいる初心者さんは参考にしてみてくださいね。

納得できる水槽に出会い、アクアリウムという素晴らしい世界に一歩を踏みだす方が少しでも増えるとうれしいなと思っています。

以上、いのりでした。