桜のドライフラワーの作り方|シリカゲルを使う方法や保管方法を紹介

桜の花のドライフラワー

こんにちは、いのりです。

春といえば、桜ですよね。

桜はとてもステキなのですが、その花はとても散りやすくて、綺麗な状態を楽しめる期間は限られています。

そんな桜もドライフラワーにすることで、綺麗な花の姿を長く楽しむことができます。

この記事では、桜の花をドライフラワーにする方法をご紹介していきたいと思います。

桜はシリカゲルを使う方法がおすすめ

ドライフラワーのイメージ

ドライフラワーの代表的な作り方は

  • ハンギング法
  • ドライインウォーター法
  • シリカゲルを使う方法
  • グリセリンを使う方法

の4つがあります。

関連記事 ドライフラワーの作り方|初心者さんでも簡単に作れる4つの方法

この4つの中でも、桜でドライフラワーを作るときには、シリカゲルという乾燥剤を使って作る方法がおすすめです。

なぜなら、桜の花びらは薄く繊細なので他のやり方では形を残すのがとても難しいためです。また、シリカゲルを使った方法では桜の特徴的な色も残しやすいですね。

桜はやっぱりキレイな色合いがステキですからね、なるべく色を残せるような作り方が向いています。

そのため桜をドライフラワーにするときは、シリカゲルを使った作り方でチャレンジして頂きたいですね。

では、次の項目からはシリカゲルを使って桜をドライフラワーにする方法を解説していきます。

桜のドライフラワーの作り方

ドライフラワーとオブジェ

桜をドライフラワーにする手順は

  1. 桜の花を用意する
  2. 容器にシリカゲルを敷く
  3. 桜の花を並べる
  4. 上からシリカゲルを掛けて花を埋める
  5. 1週間ほど保管
  6. 丁寧に取り出して完成

となります。順番に解説していきますね。

1. 桜の花を用意する

まずはドライフラワーにする桜の花を用意しましょう。

この時、なるべく新鮮で元気な状態の花を選んでくださいね。良い状態の花材を用意することがドライフラワー作りのポイントです。

2. 容器にシリカゲルを敷く

容器にシリカゲルを2㎝ほど敷き詰めます。

使うシリカゲルはドライフラワー用の粒の細かいものがおすすめです。

食品などに使われる粒が大きいシリカゲルだと、花に変な形がついてしまったり、花の細部に入り込めずに乾燥が十分にできない場合もあります。粒の小さいドライフラワー用を使用する方が失敗する可能性も少なくなりますよ。

この時使う容器はフタのあるものであれば、100円均一などで購入できる保存用の容器なんかでも大丈夫です。

あまり大きいものだとシリカゲルがたくさん必要になりますので、ほどよい大きさのものを使ってくださいね。

3. 桜の花を並べる

敷いたシリカゲルの上に、桜の花を茎の部分をさすように並べていきます。

花びらの場合はそのまま置く感じで大丈夫です。

このとき桜の花同士がくっつかないように、少し間をあけながら並べていくと良いですね。

4. 上からシリカゲルをかけて花を埋める

桜の花を並べることができたら、上から静かにシリカゲルをかけて花を埋めていきます。

スプーンなどを使ってかけていくと、やりやすいと思います。

あまり勢いよくかけてしまうと花が痛んでしまいますので、やさしくかけてあげるようにしてくださいね。

5. 1週間ほど保管

桜の花をシリカゲルで埋めたあとは、フタをして1週間ほど保管しておきます。

あまり長期間シリカゲルに埋めておくと、花の色が悪くなってしまいますので、埋めた日を忘れないように気をつけてください。

埋めた日を書いたメモを容器に貼っておいたり、スマホのカレンダーなんかに予定を入れておくと「うっかり忘れてた!」ということを防げるかと思います。

6. 丁寧に取り出して完成

1週間ほど保管したら、シリカゲルの中から桜の花を取り出しましょう。

桜の花はすごく繊細で花びらが取れやすいので、丁寧に取り出してあげてくださいね。

ピンセットやお箸、筆なんかを使うと作業がやりやすいので、事前に準備をしておくと良いですね。

取り出したあと、花びらの隙間などにもシリカゲルが入っていることもありますので、軽く振ったり、筆でそっと落としてください。この作業が地味ですが一番難しいところです。最後の作業ですので、諦めずに頑張ってくださいね。

桜のドライフラワーは保管方法に注意

ドライフラワー作り

完成した桜のドライフラワーは、お部屋に飾ったりして楽しんでください。

ただ、桜は花びらがすごく薄いので、そのまま飾っていると湿気ですぐに痛んでしまいがちです。せっかくキレイに残せた色も退色してしまいます。

長く楽しみたいなという時は、ガラス容器などに入れて湿気から守ってあげるのをおすすめしたいですね。一緒に少し乾燥剤を入れておくとさらに効果がありますよ。

また、ハーバリウムの花材として利用するのもおすすめです。

桜のドライフラワーを楽しもう

この記事では桜のドライフラワーをシリカゲルを使って作る方法や、保管の際の注意点を紹介しました。

桜の花は楽しめる期間は短いですが、ドライフラワーにすることで長く楽しむことができます。

鑑賞したりハーバリウムなどハンドメイドの花材に使ったりして、桜のドライフラワーを楽しんでみてくださいね。