吊るすだけで簡単ドライフラワー!ハンギング法の作り方とは?

ドライフラワー作り

こんにちは、いのりです。

この記事では吊るすだけで簡単にドライフラワーを作ることができるハンギング法について紹介します。

最近インテリアとして、カフェやお家でドライフラワーを飾るのが人気ですよね。ドライフラワーを作ってみたいなと思っても、作り方がわからないと「なんだか難しそう」と感じてしまいがちです。

ですが、実はドライフラワーはお部屋に吊り下げるだけの「ハンギング法」で簡単に作ることができるんです。

では、そのハンギング法についてやり方やポイントを解説していきます。

吊るすだけ!ハンギング法のやり方

ハンギング法でドライフラワーを作る方法は以下の3つの手順です。

  1. 茎の下の方を麻ひもなどでしばる
  2. さかさまに吊り下げる
  3. 乾くまで待つ

たったこれだけです。とても簡単ですよね。

では次に、吊るしてドライフラワーを作るときに注意したいポイントを解説していきます。

吊るすときのポイントは4つ

ドライフラワー作り

お花を吊るすときに注意していただきたいポイントは以下の4つです。

  • 束にするより少量ずつ吊るす
  • なるべく新鮮なお花を使う
  • 風通しの良いところに吊るす
  • 直射日光の当たらないところに吊るす

この4つについて、詳しく解説していきますね。

束にするより少量ずつ吊るす

あまりたくさん束にせず、1〜3本程度に数をおさえて束ねると乾きやすいですね。

特に水分の多い植物を吊るすときは、1本ずつ吊るすようにするのをおすすめします。

また、葉っぱは水分を多く含みがちですので、余分な葉っぱは取ってしまうと良いですよ。

なるべく新鮮なお花を使う

生花を楽しんでからドライフラワーにしたい、と思いがちですが、咲いてから時間が経ったお花をドライフラワーにすると色が悪くなってしまいやすいです。

咲きたての新鮮なお花をドライフラワーの材料にすることで、綺麗に作りやすくなります。

風通しの良いところに吊るす

なるべく素早く乾かすことが綺麗なドライフラワーを作るコツです。

そのため、乾燥しやすくなるように、風通しの良いところに吊るしてください。

風通しが悪いとなかなか乾かず、色が悪くなったりカビがはえてしまうことも。

扇風機やエアコンの風を当てるのも効果的です。

ただし、あまり勢いよく風を当てると、花が崩れてしまうので気を付けてくださいね。

直射日光の当たらないところに吊るす

直射日光が当たると、色が悪くなってしまいます。

日に当てた方が乾きやすそうかなと思いがちですが、色があせてしまうことを考えると、避けた方が良いですね。少し気をつけてみてくださいね。

完成までの期間は?

目安は1週間〜2週間です。

綺麗なドライフラワーを作りたい場合は、なるべく乾燥の期間が短くなるように先ほど紹介した4つのポイントを気にしてみてください。

ハンギング法のメリット

かすみ草 ハンギング法

 

  • 手間が少ない
  • 道具がほとんどいらない
  • 乾かしている間もお花を楽しめる

ハンギング法のメリットは「手軽」だということですね。

とにかく吊るしておくだけですから、手間も少なく必要な道具もほとんどありません。最悪輪ゴムと洗濯バサミなんかでもできちゃいます。

また、吊るしている状態でもお花を楽しめますし、インテリアとしても素敵ですよね。

ハンギング法のデメリット

ドライフラワーとオブジェ

  • 綺麗な色にするのが難しい
  • 時期によっては時間がかかる
  • 花によっては形が変わってしまう

ハンギング法のデメリットは、なんといっても綺麗な色の維持が難しいことですね。

どうしても乾かすのに時間がかかってしまいがちですので、色が変色しやすいです。

また、さかさまにして乾かすため、花の形が変わってしまうことがあります。特にクリスマスローズやクレマチスの花などは難易度が高いですね。

ハンギング法に向いているおすすめのお花

花のイメージ

ハンギング法に向いているお花を選ぶポイントは以下の2点です。

  • 茎がしっかりしているもの
  • 全体的に水分量が少ないもの

これらの条件があてはまるお花は、基本的にハンギングでドライフラワーにすることができますね。

ハンギング法でドライフラワーにしやすく、おすすめのお花をいくつかご紹介します。

ハンギング法でドライフラワー作りに挑戦しよう

最後にドライフラワーをハンギング法で作る方法をもう一度まとめると

  1. 茎の下の方を麻ひもなどでしばる
  2. さかさまに吊り下げる
  3. 乾くまで待つ

となります。

このハンギング法のメリットはとても手軽であることです。お花さえあればすぐにでも挑戦することができます。

デメリットは綺麗な色を出すのがとても難しいことと、完成までに時間がかかることです。

とはいえ、このデメリットは裏を返せば「自然な風合いの変化」を「長い時間」楽しむことができるということにもなります。

これはドライフラワーを手作りしないと味わえない楽しみ方ですよね。

ぜひ手軽なハンギング法で、好きなお花をドライフラワーにして楽しんでみてくださいね。