ドライフラワーに湧く虫「シバンムシ」に効果的な予防法と対策とは?

朽ちたドライフラワー

こんにちは、いのりです。

この記事ではドライフラワーに湧く「シバンムシ」という虫に効果的な予防方法と、湧いてしまったときの対策についてご紹介しています。

食べ物やキッチンなど家の中によくわからない虫が湧くのって嫌ですよね。

実はインテリアとして飾っているドライフラワーにも虫が湧くことがあるんです。

それが「シバンムシ」と呼ばれる小さな虫です。

ゴマ粒ほどの大きさの虫ですが、油断しているとドライフラワーをボロボロにされたり、畳や食べ物に害が出ることも。

そんな嫌なシバンムシの予防方法と、湧いたときの対策をご紹介していきます。

シバンムシって何?

悩む女性

シバンムシとは大きさが2ミリほどの甲虫で、イメージとしてはカブトムシのメスを凄く小さくしたような見た目をしています。

4月〜6月、9月などの暖かい時期によく発生します。最近では冬でも暖房で家の中が暖かいため、寒い時期に発生するケースもあります。

世界に約2,000種類ほど見つかっていますが、日本で見られるシバンムシのうち、ドライフラワーなどの乾燥物から発生するものは

  • タバコシバンムシ
  • ジンサンシバンムシ

の2種類です。

この2種類は、植物毒への耐性も強く、他の虫が即死するような毒性のある植物でも食べることができます。

シバンムシが湧く原因

シバンムシが湧く原因は

  • 家の外から侵入して発生
  • 家の外から持ち込んだ物に卵がついていて発生

主にこの2つのパターンがあります。

シバンムシは小さく、少しの隙間からでも家の中へ入ってきます。さらにメスは羽で飛ぶこともできます。

完全にシャットアウトすることはちょっと難しいですね。

家の中に入ってきたシバンムシは、エサとなる乾燥したものを食べて繁殖します。

また、買ってきたドライフラワーや乾物などに卵がついていて、そこから孵化して発生する場合も。

シバンムシによる被害

乾燥物に発生する種類のシバンムシによって引き起こされる被害は「食害」です。

シバンムシによってむしゃむしゃと食べられて、虫食い状態にされてしまいます。

よく被害にあうものとしては

  • ドライフラワー
  • 昆布などの乾物
  • 乾麺

などが挙げられます。

他にも香辛料や漢方なんかも被害にあうことがあり、乾燥していて長期保存されるようなものは、ほどんどが被害にあう可能性があります。

ドライフラワーがボロボロと崩れてきたら、シバンムシか、その幼虫による食害を疑ってみてください。

シバンムシの発生を予防する方法

ドライフラワーのイメージ

ドライフラワーにシバンムシが発生しないように予防する方法として、飾らないときには「密閉容器で保管する」のがシンプルに効果ぎありますね。

密閉容器はチャック付きの袋ではなく、ガラスやプラスチック製の容器の方をおすすめします。

というのも、シバンムシはアゴが強くてビニール袋なんかは穴をあけて侵入するからです。

また、ドライフラワーを飾っているときは、周辺を整理整頓して、こまめにチェックすると良いですね。特に暖かい時期に出てきますので、そういった時期は注意が必要です。

ほかの手段として、シバンムシはヒバ油の香りが苦手と言われています。

忌避剤として、ヒバ油を薄めて作った液をスプレーにしてまいておくことで、やっつけることはできませんが、シバンムシが寄りつきにくくなりますよ。

お試しサイズ『青森ひば油100%(原液)』10ml【送料無料】
created by Rinker

ドライフラワーに湧いたときの駆除方法

ドライフラワー作り

ドライフラワーにシバンムシが湧いてしまったときの駆除方法ですが、以下の3つを試してみてください。

  • 発生源のドライフラワーを処分する
  • バルサンを使う
  • 殺虫剤でやっつける

発生源のドライフラワーを処分する

まず発生源となっているドライフラワーを探します。そして、「怪しいな」と感じるものは処分してしまいましょう。

とはいえ、シバンムシはドライフラワーだけではなく、食品や畳などにもついてしまうので、なかなか完全に駆除するのは難しいです。

バルサンを使う

卵や幼虫には効果がありませんが、部屋の中にいる成虫をまとめてやっつけることができます。

シバンムシに効果のある商品も販売されていますので、試してみてください。

ただ卵や幼虫には効果が無く、しばらくしてまた発生してくる可能性もあります。

再発生しないように、エサになりそうなものは処分するか、密閉容器にいれて予防することも大切ですね。

殺虫剤でやっつける

こちらも成虫にしか効果はありませんが、殺虫剤を使うことで駆除することができます。

数がすくなかったり、バルサンのあとに再発生してきたりしたときには殺虫剤で対処するのが楽ですね。

最終手段は駆除業者に依頼

  • 発生源のドライフラワーを処分する
  • バルサンを使う
  • 殺虫剤でやっつける

といった方法を試しても、なかなか駆除できないなというときは専門の業者さんに駆除を依頼するのもひとつの方法です。

特に大量に発生して大繁殖してしまうと、一般の人が完全に駆除することは難しい作業になります。

費用は掛かってしまいますが、対策としては確実ですね。

まとめ:シバンムシの予防と対策

この記事ではドライフラワーに湧く「シバンムシ」という虫の予防方法と、湧いてしまったときの対策についてご紹介しました。

シバンムシが発生しないよう、ドライフラワーを保管するときは密閉容器に入れておくと良いですね。また、飾るときはドライフラワーを定期的にチェックしてあげてください。

ヒバ油の香りを嫌いますので、薄めてスプレーすることでも予防ができますよ。

もし発生してしまったら、

  • 発生源のドライフラワーを処分する
  • バルサンを使う
  • 殺虫剤でやっつける

などで駆除しましょう。

ですが大発生してしまって手に負えないときは、専門の業者さんに頼るのが確実です。

上手に対応して、嫌な虫から大切なドライフラワーを守ってあげたいですね。

以上、いのりでした。