「グランデ 900」は大容量のろ過槽をもった上部式フィルター【90㎝水槽用】

こんにちは、いのりです。

高いろ過能力から、水を汚しがちな金魚や熱帯魚の飼育にぴったりの上部式フィルター。

そんな上部式フィルターの中でも、90㎝水槽向けとして人気のアイテムが「グランデ 900」です。

そこで今回は、大容量のろ過槽を持ち、メンテナンス性にも優れたグランデ 900の特徴やおすすめポイントをご紹介。

90㎝水槽を使っていて、ろ過能力を重視したいときには非常におすすめのフィルターですよ。

グランデ 900の仕様

グランデ 900」はGEX(ジェックス)というメーカーから販売されている上部式フィルターです。

まず初めに、グランデ900の簡単な仕様についてみていくことにしましょう。

製品名グランデ 900
適用水槽サイズ90センチ水槽用
流量12L/分 (50Hz)、13L/分 (60Hz)
ろ過槽の容量7.3L
消費電力13W (50Hz)、12W (60Hz)
1日あたりの電気代約7.8円 (50Hz)、約7.2円 (60Hz)

適用水槽サイズ

グランデ 900は90㎝水槽用です。

他のサイズの水槽では使うことができないので気を付けてくださいね。

また、もうひとつ注意したいのが、枠あり水槽(フレーム水槽)でないと使えないというところ。

オールガラス水槽で使うのは避けておいたほうが良いですね。

流量

流量は1分間に12Lから13Lほど。

90㎝水槽用の上部式フィルターとして、特別多いわけではありません。

とはいえ、問題があるほど少ないわけでもありませんので、心配はいらないですね。

ろ過槽の容量

グランデ900のろ過槽の容量は7.3L。

容量としては多めで、たくさんのろ材を入れることができます。

また、ろ過槽にバスケット式を採用していますので、メンテナンス性も悪くありません。

消費電力

消費電力は、13Wから12W。

他の90㎝水槽用の上部式フィルターと比べると、商品電力はちょっと少なめです。

その分、日々の電気代もすこし抑えることができますね。(誤差の範囲くらいですが…)

グランデ900のおすすめポイントと注意点

水槽

さて、ここからは「グランデ 900」のおすすめポイントと、使用するときに注意したいポイントをみていきましょう。

おすすめポイント

グランデ900のおすすめポイントは

  • ろ過能力が高い
  • メンテナンスが簡単
  • 価格がお手頃

の3つ。

ろ過能力が高い

グランデ 900のろ過能力は、高めです。

ろ材を入れるスペースがかなり多めに作ってあるので、たくさんのろ材を入れられます。

そのため、しっかりとしたろ過を行うことができます。

水を汚しがちな肉食魚やプレコ、金魚といった生体との相性が非常に良いですね。(水流に弱い種類の金魚は、少し注意が必要ですが)

メンテナンスが簡単

グランデ900は、ろ過槽にバスケット式を採用しています。

ろ材コンテナがあり、メンテナンスが容易。

糞などでゴミが多くでる生体を飼育する際には、ウールマットなどの物理ろ過部分をこまめにメンテナンスすることが求められます。

そういったときに、手軽にろ過槽を手入れできるのは大きなメリットですね。

価格がお手頃

グランデ900は、性能のわりに価格がお手頃です。

拾いろ過槽をもち、メンテナンス性にも優れていながら、比較的リーズナブルな価格で購入することができます。

ろ過能力とコストのバランスが非常に良く、コストパフォーマンスが高いフィルターです。

注意点

グランデ 900を使うときに注意したいポイントは

  • 落水音が大きめ
  • サイズが大きい

音が大きめ

グランデ900は、落水音がわりと大きめです。

上部式フィルターは水を落とす構造上、仕方がない部分もありますが、音は結構ありますね。

ですので、寝室など音が気になる環境や場所での使用は注意が必要です。

ポンプの音は比較的ちいさめなのですが…。

サイズが大きい

もうひとつの気をつけたいポイントは、サイズです。

グランデ 900はサイズが少し大きめです。

そのため、別のメーカーの上部式フィルターなどから変更したときにフタが合わなくなる可能性が。

フタとの大きさの関係性については、購入前に気を付けておきたいところです。

グランデ900は大容量のろ過槽を備えた上部式フィルター|まとめ

この記事では「グランデ 900」の特徴やおすすめポイント、使用時の注意点についてご紹介してきました。

グランデ900のおすすめポイントは

  • ろ過能力が高い
  • メンテナンスが簡単
  • 価格がお手頃

の3つ。

特に、ろ過槽のスペースが大きく、ろ過能力が非常に高いことが特徴です。

さらに価格もお手頃ですし、メンテナンス性も優れていて非常に使いやすい上部式フィルター。

肉食魚やプレコ、金魚やザリガニなど、水を汚しがちな生体にぴったりです。

ぜひ、使ってみてくださいね。

以上、いのりでした。

関連記事

上部式フィルターの選び方のポイント上部式フィルターの選び方|静音性や、ろ材の容量に注目しよう! おすすめの上部式フィルターおすすめの上部式フィルター6選|水槽サイズ別に使い勝手の良いものをご紹介