「トリプルボックス600」3つのろ過槽を持つ、お手頃価格の上部式フィルター【60㎝水槽】

トリプルボックス600は安くて使いやすい上部式フィルター

こんにちは、いのりです。

初心者でも使いやすく、生体中心の水槽で人気の上部式フィルター。

そんな上部式フィルターのなかでも非常に安価ながら、3つのろ過槽を持ち、しっかり水をキレイすることができる上部式フィルターがコトブキから発売されている「トリプルボックス600」です。

今回は、トリプルボックス600の特徴や、おすすめポイントをご紹介していきたいと思います。

お手頃価格で購入することができるわりに、考え抜かれたろ過槽を持ち、しっかりろ過もすることができる優れた上部式フィルターですよ。

トリプルボックス600の仕様

トリプルボックス600」はコトブキというメーカーから発売されている上部式フィルターです。

それでは初めにトリプルボックス600のスペックについて、簡単にみていきましょう。

製品名トリプルボックス600
適用水槽サイズ60センチ水槽用
流量約8.0L/分 (50Hz)、約9.0L/分 (60Hz)
消費電力6W (50Hz)、7W (60Hz)
海水海水対応

適用水槽サイズ

トリプルボックス600は横幅が60㎝の水槽専用となっています。

ほかの横幅の水槽ではうまく設置できないので、気を付けてくださいね。

また、もうひとつ注意したいのが、フレームのある水槽じゃないと使えないところ。

がたつきや水漏れなどのリスクがありますので、オールガラス水槽での使用は避けた方が良いです。

流量

流量は1分間に8.0Lから9.0Lほど。

同クラス帯の上部式フィルターのなかでは、ちょっと多めの流量となっています。

GEXのデュアルクリーン600と比べると、トリプルボックス600のほうが多いですね。

その分水流もすこし強くなりますので、気を付けてくださいね。

消費電力

消費電力は、6Wから7W。

同じ60㎝水槽向けの上部式フィルター、グランデカスタム600が10Wから11Wほどですので、そちらと比べると消費電力は控えめです。

とはいえ、そこまで差があるわけでもありませんので、気にするほどでもないかなと思います。

海水対応

トリプルボックス600は淡水だけでなく、海水にも対応しています。

そのため、海水魚水槽などでも使うことができます。

購入してきた海水魚のトリートメントタンクなどで利用するのに丁度良いスペックですね。

トリプルボックス600のおすすめポイントと注意点

餌を探すエビ

さて、ここからは「トリプルボックス600」のメリット(おすすめのポイント)と、使用するときの注意点をご紹介していきますね。

おすすめポイント

トリプルボックス600のおすすめポイントは

  • 価格が安い
  • ろ過槽が3つ
  • 上部式フィルターの中では音が静か
  • ボトムボックス600と組み合わせられる

の4つ。

価格が安い

トリプルボックス600の特徴として、価格が安いことが挙げられます。

安いところでは2,000円ほどで購入でき、ろ材も最初からついてくるので、とにかく低コストで上部式フィルターを導入することができます。

コストを抑えたい、というときはトリプルボックス600を選択肢にいれてみてください。

ろ過槽が3つ

トリプルボックス600最大の特徴が、ろ過槽が3つある構造になっていること。

  1. ポンプと一体になっていて、ちょっと変わった発想の第1ろ過槽
  2. メインのろ過を担う第2ろ過槽
  3. 水槽に飼育水が戻る直前に位置する第3ろ過槽

この3つのろ過槽で効果的にろ過を行うことができます。

嬉しいのが、ろ過槽ごとに役割や形状の違うろ材を使用することができること。

物理ろ過用のろ材、生物ろ過用のろ材、活性炭、など各々の状況にあわせてろ材を選択できるのは強みですね。

上部式フィルターの中では音が静か

トリプルボックス600は、上部式フィルターとしては静かな方です。

その理由が、水中ポンプ。

デュアルクリーン600のポンプは水中ポンプなので、静音性が空気中に出ている通常のポンプよりも優れています。

たとえば同じ60㎝水槽用の上部式フィルター「グランデカスタム600」の場合、ポンプが水上にあるため、どうしても振動音や動作音が気になってしまうことがありました。

その点を考えると、トリプルボックス600は静かな方と言えます。

ただ注意点のところで後述しますが、水の落水音はそこそこ大きめ。上部式フィルターは構造上、水の音がどうしてもしてしまうので、このあたりは仕方がないといえば仕方がないのですが…。

ボトムボックス600と組み合わせられる

トリプルボックス600は、ボトムボックス600と組み合わせて使うことができます。

この2つを接続することで、底面式フィルターの効果をプラスすることができ、より強力なろ過を行うことができるように。

メンテナンス性の低下や、ろ材などの選択も考慮しないといけなくなりますが、上手に活用すればろ過能力をぐっと高めることができますよ。

注意点

トリプルボックス600を使うときに注意したいポイントは

  • 落水音が大きい
  • 水温上昇に注意
  • 組み立てが少し難しい

という3つ。

順に簡単に見ていきましょう。

落水音が大きい

上部式フィルターの構造上、水が落ちたり流れたりするときの音は避けられない問題のひとつですが、トリプルボックス600の落水音は比較的大きめです。

そのため、寝室など静かな場所では気になってしまう方もいらっしゃるかも。

音に対しての感じ方は個人差がありますので、気にならない場合も考えられますが。

水温上昇に注意

もうひとつの気をつけたいポイントは、水温上昇に関して。

トリプルボックス600は水中ポンプです。

そのため、モーターの発熱によって水温が上がることがあります。

夏の暑い時期や、高水温に気を付けないといけない生体を飼育する際にはすこし注意が必要になってくることも。

(そこまでデリケートな生体をトリプルボックスで飼育するケースは稀ではありますが)

水温計を設置して、こまめに確認することを意識しておくと、水温トラブルには対処しやすいかと思います。

水温計のおすすめ6選|水槽の用途別にご紹介【メダカ・水草・熱帯魚】

組み立てが少し難しい

トリプルボックス600は組み立てるときの手順が少し多めです。

そのため、人によっては難しいと感じてしまうケースも。

その理由としては、ほかの上部式フィルターにはない3つのろ過槽がちょっと複雑だからですね。

とはいえこういった器具の組み立てに慣れている方であれば問題になりませんし、慣れていない方でも組み立てられない程難しいというわけではありませんので、あまり心配はしなくても良いかなと。

簡単にではありますが、組み立て手順を入れておきますね。

STEP.1
フィルター本体にフィルターアタッチメントを下からスライドさせて取り付ける
STEP.2
第2ろ過槽用すのこを90度折り曲げ、フィルター本体に差し込む
STEP.3
マルチパイプをフィルター本体の穴に差し込みます(ウェットかドライか選択)
STEP.4
第3ろ過槽用すのこを90度折り曲げ、フィルター本体に差し込む
STEP.5
フィルター本体下部から拡散器をセット
STEP.6
フィルター本体を水槽にのせる
STEP.7
第2ろ過槽にマットを入れ、第2ろ過槽用すのこと第3ろ過槽用のすのこの折り曲げた部分にシャワートレイを取り付ける
STEP.8
第1ろ過槽にポンプジョイントを差し込む
STEP.9
水中ポンプをポンプジョイントに差し込み、タケノコジョイントとストレーナーを取り付ける
STEP.10
電源コード溝に添わせ、フィルターアタッチメントの穴にセット
STEP.11
第1ろ過槽に送水エルボを取り付ける
STEP.12
電源コードを後部のカット部分から水槽後方に出してフタをする
完了!(水槽内の水位を確認してから電源を入れてくださいね)

トリプルボックス600は3つのろ過槽を持つ、お手頃価格の上部式フィルター|まとめ

この記事では、「トリプルボックス600」の特徴やメリット、使用時の注意点についてご紹介してきました。

トリプルボックス600のおすすめポイントは

  • 価格が安い
  • ろ過槽が3つ
  • 上部式フィルターの中では音が静か
  • ボトムボックス600と組み合わせられる

の4つ。

特に、ろ過槽が3か所あり、ろ材を使い分けられるのは大きな特徴ですね。

また、価格が安く、手軽に導入しやすいのもポイント。

とりあえず低コストで上部式フィルターを試してみたいな、という時にぴったりです。

ろ過能力がちょっと物足りない部分がありますので、気になる場合は「ボトムボックス600」と組み合わせて使うか、デュアルクリーン600やグランデカスタム600といった上部式フィルターも検討してみてください。

以上、いのりでした。

関連記事

おすすめの上部式フィルターおすすめの上部式フィルター6選|水槽サイズ別に使い勝手の良いものをご紹介 上部式フィルターの選び方のポイント上部式フィルターの選び方|静音性や、ろ材の容量に注目しよう! グランデカスタム600はろ過能力が高い上部式フィルター「グランデカスタム600」は高いろ過能力が特徴の上部式フィルター【60㎝水槽向け】 デュアルクリーン600は静音性とコスパに優れた上部式フィルター「デュアルクリーン600」はコスパ抜群で静音性も悪くない上部式フィルター【60㎝水槽用】