【ぶくぶく】投げ込み式フィルターの特徴や使い方を解説!

金魚

こんにちは、いのりです。

「投げ込み式フィルター」と言うと難しく聞こえますが、「ぶくぶく」と言えば「あ、あれね」となる。そんなメジャーだけど名前が覚えてもらえていない器具第1位(※いのり調べ)の投げ込み式フィルターについて、その特徴や使い方を解説していきます。併せておすすめの商品も紹介していますので、参考にしてみてください。

ぶくぶくこと投げ込み式フィルターって何?

投げ込み式フィルターとは、水の中に沈めて使うフィルターのことです。実際に設置するときは投げずに丁寧にやってほしいのですが、投げ込み式と呼びます。エアーポンプから空気を送り込んで「ぶくぶく」させて使います。空気が動くとき一緒に水も動かすので、その力を利用してフィルター内部に水を循環させろ過をします。

投げ込み式フィルターのメリット

  • とにかく安い!
  • 流通量が多く、ホームセンターでも簡単に手に入る
  • メンテナンスが簡単
  • 設置作業が簡単
  • エアーポンプ式はエアレーション効果も期待できる
  • 商品によっては拡張パーツでカスタマイズできる

投げ込み式フィルターはとにかく扱いやすいのが特徴です。ホームセンターでも観賞魚コーナーがあれば取り扱っているところが殆どです。扱いがとにかく楽なので、メインで使っているフィルターの予備としてや、隔離水槽用のフィルターに使うのもおすすめです。

エアーポンプを使って「ぶくぶく」させて水槽内に酸素を溶け込ませるエアレーション効果も期待できるため、別途エアーストーンなどを使う必要がなくなることもメリットです。

投げ込み式フィルターのデメリット

  • ろ過能力があまり高くない
  • 水槽内で目立つ
  • エアレーション効果があるため二酸化炭素が抜けてしまう

ろ過能力があまり高くないことには注意が必要です。水質に敏感な種類の生体にはあまり向いていません。水槽内で目立つことや、添加した二酸化炭素を逃がしてしまうため水草水槽での使用にも向いていません。

カスタマイズでパワーアップ!ろ過能力を上げる小技

投げ込み式フィルターは拡張パーツが販売されており、それと組み合わせて使うことでろ過能力を上げることができます。また、ちょっとした工夫でもろ過能力をぐっと上げる方法があります。

砂利に埋めてろ過能力アップ!

投げ込み式フィルターは水を底の部分から取り入れ、上に出します。その構造を利用し、砂利に埋めてしまうことで、砂利の中も水が循環するようにできます。砂利の中にもろ過をしてくれるバクテリアが住み着いているため、ろ過能力が上がります。

アクアリウムショップでも投げ込み式フィルターを砂利の中に埋めて、煙突部分だけひょこっと出して使っているところを見かけます。

底面式フィルターと合体!

砂利に埋めて使う小技の発展形です。投げ込み式フィルターには底面式フィルターと直結して使うことができる商品があります。底面式フィルターと組み合わせて使うことで、投げ込み式フィルターのろ過能力に底面式フィルターのろ過能力そのものを上乗せすることができます。強力なメインフィルターとして活躍してくれますよ。

ろ材を自分好みにカスタマイズ

商品によりますが、標準でセットされているろ材以外にも、活性炭が入ったろ材やコケの発生を抑えてくれるろ材が販売されています。中のろ材をより強力なものに変更することで、ろ過能力を上げることができます。

セットされているろ材を取り除き、空いたスペースにリングろ材などの多孔質でより効果のあるろ材を入れることも可能です。

投げ込み式フィルターと相性が良い生体は?

ろ過能力を必要とする生体や、水草水槽とは相性があまりよくありません。それ以外の生体であれば、十分な働きをしてくれます。特に相性が良い生体は

  • 金魚
  • グッピー
  • ネオンテトラなどの小型魚
  • メダカ

おすすめの投げ込み式フィルター:水作エイトコア

私がおすすめする商品は「水作エイトコア」です。投げ込み式フィルターを代表する超ベストセラー商品ですね。私はこれが好きで、先日数えたら4つありました。

水作エイトコアをおすすめする理由

大好きな水作エイトコアですが、私がイチオシする理由は

  • 水量に合わせてサイズが選べる
  • 拡張パーツが豊富
  • どこでも売っている
  • 標準でついているろ材が丈夫で繰り返し使える
  • メンテナンスが簡単にできる構造
  • 愛用者が多く、カスタマイズ例の情報が豊富

さすがベストセラー商品ですね。特に標準でついているろ材そのものが丈夫なのは、うれしいポイントです。すぐにダメになって交換しないといけないものだと、せっかく住み着いたろ過バクテリアを全て捨ててしまうことになりますからね。水作エイトコアのものは汚れても耐久力があるので、もみ洗いをして再利用できます。住み着いたバクテリアを全て捨てることなく、長期間利用することが可能なのです。

紹介していたら、5つ目が欲しくなってきました。でも使う予定はないどころか、まだ未使用のMサイズが2つあるのですよね。どうしようかなー。

あわせて拡張パーツもひとつ紹介しておきます。底面式フィルターとしての能力も付加できるのでおすすめです。

ちなみに、水作エイトコアのミニは小さくてめっちゃかわいいので、飾ってちょっとしたオブジェにするのもおすすめです。いや、真面目ですよ?

投げ込み式フィルターの特徴と使い方まとめ

投げ込み式フィルターはとにかく扱いやすいアイテムです。

その特徴を簡単にまとめると

  • 安くて流通量が多く手に入れやすい
  • メンテナンスが簡単
  • 見た目は目立ってしまう
  • カスタマイズの方法が多い

うまく使いこなしてアクアリウムを楽しんでいただけると幸いです。

以上、いのりでした。