上部式フィルターの特徴と使い方のポイント。生体メインの水槽におすすめ!

こんにちは、いのりです。

上部式フィルターは使っている人も多く、スタンダードなフィルターのひとつだと思います。そんな上部式フィルターの特徴や使い方のポイントを紹介していきます。

上部式フィルターとは?

水槽の上に乗せて使用するフィルターです。ポンプでくみ上げられた飼育水が、上に乗せてあるろ過槽を通って、重力による落下で水槽内に戻るという仕組みになっています。

とても使いやすく、ろ過フィルターのスタンダードな選択として人気のスタイルです。特に、生体をメインにした水槽では、非常に高い効果が期待できます。

上部式フィルターのメリット

 

  • メンテナンス性に優れる
  • ろ過能力が高い
  • 酸素を豊富に取り込める

 

上部式フィルターは、フタを開けるだけで直ぐに中のろ材スペースにアクセスできます。ゴミを取って汚れたウールマットなどを交換する時も、他のフィルターとくらべて手間が少ないですね。

また、ろ材を入れるスペースが大きいため、高いろ過能力を発揮することができます。

水を上から落とす際に酸素を取り込んでくれますので、酸素不足になりにくいのもありがたいですね。

上部式フィルターのデメリット

  • 水槽の上を半分程度ふさいでしまう
  • 二酸化炭素を放出してしまう
  • フレーム水槽にしか使えない
  • 水の落下音が気になる

乗せて使うため、水槽の上を塞いでしまいます。水槽の中を掃除したりする時にジャマに感じることがあります。

また、照明の光をさえぎることと、二酸化炭素を放出してしまうことを考えると、水草の育成には向いていませんね。

フレームレスのオールガラス水槽での使用が難しいことも注意が必要です。

人によっては気にならないかもしれませんが、水の落下音がそこそこ大きいので、寝室なんかに水槽を置こうと考えてる人は気をつけてください。

あと、小さい水槽向けの商品が少なく、小型水槽での使用は難しいと思います。無いわけではないのですが、一応。

上部式フィルターを使うときのポイント

上部式フィルターを使うにあたって、知っておくとちょっと便利なポイントを紹介します。

ろ材の選び方

人によってろ材の位置や種類が変わりますが、ポンプで汲み上げた水が最初に触れる位置にウールマットを敷いて、大きなゴミや糞を処理できるようにすると良いと思います。アクセスも一番簡単な位置なので、汚れてもすぐ取り替えられます。

その後にリング系のろ材など、多孔質のろ材を設置して、生物ろ過のスペースにすると良いかなと思います。

ウールマットを2枚重ねて、交互に交換することで物理ろ過をしつつ、生物ろ過の能力をキープするといったことも可能です。

人によって、ろ材構成は違ってくるので、良さそうな構成を考えるのも楽しいですよ。

私は「ウールマット→リングろ材→吸着系かボールろ材」という組み合わせをよく使いますね。

水の落下音を静音化

デメリットで挙げた水の落下音ですが、排水パイプに適当な長さに切ったストローを数本入れておくと、落下音を抑えることができます。園芸用の鉢底ネットをわっかにして入れても効果がありますね。

音が小さくなるように、入れる量や長さを微調整してみてください。うまくいくと、かなり音を抑えられますよ。

ただし、ゴミや汚れが詰まりやすくなってしまいますので、定期的にメンテナンスは必要になります。

蓋の振動音を静音化

一部の商品では、モーターの振動で蓋から「ブーン」と音がするものがあります。私が購入したものは全部爆音でした(笑)

そんなときには蓋に太めに輪ゴムをつけると、振動を抑えてくれるので静かになりますよ。見た目はちょっと悪くなりますが。

上部式フィルターと相性の良い生体

  • 金魚
  • 小型魚全般
  • 中型魚(プレコやシクリッドなど)
  • 肉食魚(ポリプテルスなど)

生体をメインにするのであれば、殆どのケースで問題なく活躍できると思います。

特に糞が多く、水を汚しがちな金魚やプレコ、ポリプテルスなどには、糞を取ったウールマットを簡単に交換できる上部式フィルターと相性ぴったりです。

フィルターから出てくる水流がちょっと強めなので、水流が苦手な金魚(ピンポンパールとか)の場合は、排水の向きを壁に向けるなど、水流を弱める工夫をしてあげてくださいね。

水草水槽での使用はやめておいた方が無難だと思います。

また、オールガラス水槽での使用は危ないので、やめておいた方がいいですね。(一部対応が可能な商品もあります)

おすすめの上部式フィルター

GEXさんのグランデにウェット&ドライろ過槽を組み合わせたものが、ろ材をたくさん入れられるので、おすすめです。

グランデだけでも十分なろ過能力を持っていますが、オプションパーツのウェット&ドライろ過槽を乗せることで、さらにろ過能力を上げられますよ。

上部式フィルターの特徴まとめ

上部式フィルターの特徴をざっくりまとめると

  • 水を汚しがちな生体向け
  • 日々のメンテナンスが簡単
  • フレーム水槽で使用する
  • 水草水槽には向いていない

水草水槽やオールガラス水槽の人気が高まり、出番がだんだんと少なくなってきている上部式フィルターですが、生体メインの水槽ではすばらしい活躍をしてくれますので、ぜひ使ってみてくださいね。

以上、いのりでした。