【アクアリウム】白い砂や砂利を底床に使う時のメリットデメリット

白い砂

こんにちは、いのりです。

白い砂を敷き詰めた水槽って明るく見えてキレイですよね。でも、白い底床を使うときは注意が必要なポイントが意外と多いんです。

導入する際は、注意点をよく理解してから検討してほしいなと思う底床ですので、今回はそんな白系の底床におけるメリットデメリット、注意するポイントをまとめたいと思います。

見た目が美しい白い砂や砂利

底床の色合いには黒っぽいものや、茶色系、大磯砂のように自然の砂利のようなものまで様々な種類があります。

白い底床もあり、白い砂利や砂は水槽の中が明るく綺麗に見えると人気があります。

白い砂、砂利を使うメリット

白い底床を使うと、水槽の中が明るく見えます。照明の光を反射しますし、白は水槽内が広く見えます。この美しい見た目こそ白い底床の一番のメリットと言えると思います。

また、白い砂とブラックウォーターを組み合わせることで、アマゾンのネグロ川をイメージした水景を表現することができます。

  • 見た目が良い
  • 明るい雰囲気になる
  • ネグロ川をイメージできる

白い砂、砂利を使うデメリット

白い砂や砂利はゴミや魚の糞が目立ってしまいます。ほかの色では目立たなかった程度の糞でも気になってしまうことがあります。

糞だけでなく、底床そのものの汚れも目立ちます。真っ白だった底床が、コケなどの影響でくすんだ色に変わっていってしまい、「なんかベージュっぽい…」となってしまうことも。

また、明るい底床は熱帯魚の体色にも影響を与えます。

基本的に熱帯魚たちは、周りが明るい色の場所に居ると、体の色が薄くなることがあります。全ての魚に影響するわけではありませんが、体の色が特徴的な魚たちとはあまり相性は良くありませんね。

  • 糞などの汚れが目立つ
  • コケなどで色がくすんでくる
  • 魚の色が薄くなってしまうことがある

白い底床を使うときのポイント

上記のメリットとデメリットを踏まえて、白い底床を使うときのポイントを整理します。

まず、白い底床は汚れが目立つため、こまめに底床を掃除してあげると良いですね。プロホースなどの水換えホースを使用すると、糞などのゴミを簡単に掃除することができます。

白色は水槽の壁面に反射して映ります。その結果、壁面にはえたコケも目立たせてしまいますので、ガラスの掃除もこまめにしてあげると良いですね。

明るすぎる空間は、魚の体色を薄くさせてしまう可能性があるので、体色を重視する生体を飼育する場合は、白い底床の使用は避けた方が無難だと思います。

もし使うのであれば、照明の光量を減らしたり、水をブラックウォーターにすることで多少変化を和らげることができるかもしれません。

もちろん、ブラックウォーターは生体との相性を考えて導入してくださいね。

  • まめに底床掃除をする
  • まめにガラス面のコケも落とす
  • 魚の体色を重視する場合は使用を控える

レイアウトで使うケースも

近年は白い砂を敷き詰めて使う以外に、レイアウトで化粧砂として使用されるケースも増えてきました。

ソイルと敷き分けて使ったり、奥へ伸びる「道」を表現したりと様々な使い方がされています。レイアウトに奥行きや広がりを与えてくれるため、白い砂はとても重宝しますね。

ただ、ソイルとの併用では、砂の部分にソイルが入ってくるとすごく目立ってしまうため、砂とソイルが混ざらないよう何かしらの工夫が必要になります。

白は白でもサンゴ砂にご注意を

白系の底床の中には、白化サンゴを砂状に加工した「サンゴ砂」というものもあります。

サンゴ砂は水質をアルカリ性に傾ける性質を持っている砂で、海水水槽やアフリカンシクリッドなど、アルカリ性を好む生体に合わせた環境にする時によく使われる砂です。

ネオンテトラなど一般的な熱帯魚とはあまり相性が良くないので、注意してくださいね。

まとめ:白い底床はお手入れをこまめに

最後に白い底床のメリットとデメリットをまとめます。

  • 明るくて綺麗!
  • ネグロ川のイメージを表現できる
  • 汚れがとても目立つ
  • 生体の色に影響がでる

白い砂を敷き詰めた水槽はとても綺麗で魅力的ですが、とにかく汚れが目立つのが難点です。こまめにお手入れができないと、綺麗な状態をキープすることはちょっと難しいですね。

それでも、とても綺麗な水槽を作ることができますので、手間を掛ける価値は充分にあると思います。明るい雰囲気の水槽を作りたい時は、検討してみてくださいね。

以上、いのりでした。