【アクアリウム】初心者さんでも大丈夫!良いお店を選ぶ方法とは?

お店

こんにちは、いのりです。

「アクアリウムを始めたくて、今度お店に行ってみよう思うんだけど、どういうお店を選べば良いんだろう?まだ初心者だし、専門店は入りにくいんだよね…」

なんて悩んでいませんか?

大丈夫です!むしろ初心者さんだからこそ、専門的な知識をもっていて、信頼できる良いお店に行って欲しいんです!

良いお店かどうかを判断するのは難しいことでは無いです。ポイントさえ理解していれば、初心者さんでも簡単に良いお店が分かりますよ。

今回は、信頼できる良いお店の選び方のポイントを、初心者さんに向けて解説したいと思います。

初心者さんが良いお店を見つけるべき理由

初心者さんだからこそ良いお店を見つけて欲しいと先ほど述べました。その理由を下記にまとめます。

  • 生体の管理状態が良い
  • 相談ができて、適切なアドバイスが貰える

生体の管理状態が良い

熱帯魚やエビなどの生体を飼育するときの難易度は、それまで飼われていたお店での管理状態の良し悪しにかなり影響を受けます。

特に導入初期は一番難しい時期でもありますので、状態の良い生体を選択することで初心者さんでも失敗する可能性をグッと抑えられますよ。

逆に管理状態が悪く、弱ってしまったり病気になってしまった生体を回復させることは経験者さんでも難しいことです。

相談ができて、適切なアドバイスが貰える

初心者の頃はこの相談できる点がめちゃくちゃありがたいんですよね。

今はインターネットでいくらでも情報を調べることができますが、初心者の頃はそもそも疑問に思わなかったり、何が疑問かがわからない、といった状況になりがちです。

良いお店であれば、そういうところのフォローも期待できますからね。頼れるお店があるかどうかはかなり重要だと思います。

信頼できるお店の選び方

さて、良いお店を選ぶポイントはざっくり言ってしまうと

  1. 水槽の管理状態
  2. 店員さんの対応
  3. 商品の扱い方

この3つです。

「あれ、価格の高い安いは関係ないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、価格のことについては、後述しますね。

まずはこの3点を解説していきます。

水槽の管理状態

アクアリウムショップの水槽には大きく分けて2種類あります。「ディスプレイ水槽」と「販売水槽」です。

「ディスプレイ水槽」とは、お店が生体や機材を販売するためでなく、鑑賞用としてレイアウトしている水槽のことです。(たまにディスプレイ水槽の中も販売しているお店さんもありますが)

お店のレベルが分かりやすく出てくるので、まずはレイアウトされた鑑賞用の水槽の質を見てみてください。

管理の行き届いたお店のレイアウト水槽は見応えがありますよ。

次に「販売水槽」ですが、こちらは生体や水草を販売している水槽です。

販売水槽で見るべきポイントは、病気の生体が販売されていないか?という点です。白い点々が体についていたり、ヒレが溶けたりして泳ぎ方がおかしい生体を販売しているお店は、あまりおすすめできません。

ここで注意してほしいのは、たとえ病気の生体が居たとしても、販売せずに「トリートメント」を行なっているお店は良いお店の可能性が高いです。

入荷したての魚などは、病気になりがちです。「病気の魚がいる=悪い」では無く、病気の魚はしっかりと治して、元気な状態になってから販売しているかどうかが大切なんですね。

店員さんの対応

質問や相談をキチンと受けてくれる店員さんがいるお店は、だいたい管理もしっかりとしていますね。水槽の状態と店員さんの知識量は比例していることが多いです。

何か疑問に思うことは遠慮なく聞いていきましょう。もちろん、お客さんは自分だけではないのでずっと相手をしてもらうことは難しいですが。お店側としては、お客さんには繰り返し足を運んでほしいので、しっかりとしたアドバイスがもらえると思います。(良いお店であれば)

商品の扱い方

機材や餌などの商品の扱い方も注意して見てみてください。商品を乱雑に扱っているようなお店はちょっとどうかなーと思ってしまいます。

あんまり売れない餌の賞味期限が過ぎていたりしていることもあります。

商品を丁寧に管理しているお店は生体の管理も行き届いていることが多いので、一緒に見てみてくださいね。

価格が高いか安いかは関係ないの?

コイン

機材や餌は管理がきっちりとされているのであれば、お安い方が良いですよね。ですが生体の価格は判断が少し難しいかなと思っています。というのも、生体に関しては単純に価格が安いから良い、とはならないからですね。

価格が安くても、状態が悪ければダメですし、かと言って高くても状態が良い保証にはなりません。結局のところ生体においては、価格が高かろうが安かろうが関係なくて、その生体の状態の良し悪しがすべてなんですよね。

ですから、生体の場合は価格を検討する前に、状態を第一の検討事項においてほしいなと思います。もちろん、状態が良くてお値段控えめがベストだとは思いますが、そういうお店はなかなか出会えない気がします。もし見つけたら、大切にしてくださいね!

まとめ:初心者さんが行くべき良いお店の選び方

今回は初心者さんにこそ良いお店に行ってほしいなーという記事でした。

その理由は、

  • 良い状態の生体を導入できる
  • 相談できて、アドバイスがもらえる

の2点です。

良い状態の生体を導入することで、導入初期の難しい時期をスムーズにクリアしていくことができます。また、あわせて飼育方法や機材の相談ができることも、初心者さんの場合はありがたいんじゃないかなーと思います。

そして、良いお店を選ぶポイントは

  • ディスプレイ水槽と販売水槽の管理状態
  • 店員さんの対応
  • 商品の扱い方

の3点です。

ぜひ、頼れるお店を探してみてくださいね。

以上、いのりでした。